読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5周年記念のインタビュー

いろんな新しい言葉や思いたちが入ってきてしまう前に、書き残しておきたくて。

 

Sexy Zoneのデビュー5周年を記念して特集された、ロングインタビューについて。最初は、自担であるけんとくんのことについてしか書き残しておくつもりはなかったんだけど、せっかくなら、というかいい機会だから(?)他の4人についても。

 

まずトップバッターはふうまくん。今のビジュアルにすごく赤のスーツ姿(?)が映えていて、かっこいい。事前にツイッターで「俺と中島ァ」な感じとかがすごく話題になっていて、実際にちゃんと確認してみても、その印象が正直いちばん強かった。笑

でも見出しにもなっていたしね。ふうまくんの「売れたい」という強い思いは、3人体制のときとかそれ以前も知ることがなかったような気がして。ほんとにここ最近、この5周年に際して、というか。そのタイミングでこの言葉を聞くことが増えたよね。それはやっぱり5人に戻ったし5周年だし、そう強く思い始めたんだろうけど。

 

やさぐれてたっていう時期のことは、まあわかるんだけどね。誰にでもというかそういう時期はあるんだろうし。実際にストン、と納得できたわけではなかったけど、さっき思ったんだよね。その当時、わたしはふうまくんのそういう態度に対して、周りが言うほど反応していなかったしモヤモヤを感じたりもしていなかった気がする。それは温かい目で見守っていたのか、けんとくんやグループを好きになってからそんなに経っていなかったから、それをただみつめることで精一杯でちゃんと見えていなかったのかもしれない。逆に今の方がいろいろと感じることが増えてしまって、まるでその当時感じるはずだったような感情とかが遅れてズシン、とやってきているよう(苦笑)

まあ当時とは明らかに変わったふうまくんなんだから、あともうちょっと頑張ってほしいな…(笑)

 

デビュー当時の方が上の2人で引っ張っていくんだ、という気持ちや状況も強かったと思うんだけど、今またそうなっているのね??という感じもする。もちろん、2人が引っ張っていける部分って大きいとは思うんだけど。

 

次はマリちゃん。ふつうなら、つらいと思ってしまいそうな状況のことも、マリちゃんはポジティブに受け止めていただなんて意外だった。マリちゃんの性格上、そうやって何事もポジティブに考えるところもあるんだろうけど、Sexy Zoneのことが本当に大好きなマリちゃんだし、まだ若いし、つらくて泣きそうになっちゃう……みたいな感じだと思っていたな。「5人で頑張る」ことから、「1人で頑張る」ことはたしかに成長するためには良いことなのかもしれないけど、やっぱりどうしても切ない……。「みんなで頑張ろうね!」だったのが、「1人で頑張らなきゃ……」っていう気持ちになったってことだもんね。もちろんどのグループも1人でも頑張らなきゃいけない時期って必ずといっていいほど、あるとは思うんだけど。

 

私は自分の状況もあって、5人に戻ることはもちろんうれしさが何よりもいちばんだったけど、なんか心が追いついていかない気持ちもあって。そうちゃんが高校卒業するまで~とかずっとしばらくは続くんだろうな~とか思っていたし。チャチャチャやMステで兆候はあったけど、そんなに期待はしていなかったから。だから、マリちゃんにも戸惑いがあったと知って、びっくりはしたけどなんかあぁ…って自分と重なるような部分を感じたのかな。そして、そんなにSexy Zoneさんは、上2人の意見が強いのね、とも思ってびっくり。

 

そうちゃんは、、、あんまり覚えていないからごめんね(笑)

でもそうちゃんの乗り越えた強さとか、5人愛とかみたいな熱いものはすごく感じたし、これからどんどんどんどん、伸びていける人なんだろうな、って思うよ!頑張ってねそうちゃん!応援してるよ~~!(ばばあより)

 

そして勝利くん。てっきり順番がラストかな、と思っていたけど。「中間管理職」と言われることがそんなに嫌だったとは知らなかったな~。また「グループの真ん中」と言われることとは全く違うのだろうなぁ。年齢的にもセンターとしても、というのとは。勝利くんもつらかったんだねぇ……。うん……。まあふまけんちゃんのこともそうだけど、こういうこともあって勝利くんは急いで大人にならざるを得なかったんだな~~と思う。

あと、「僕たちはきれいな道を歩ませてもらっている」みたいなことを言っていて、最初は驚いた。いろいろあったそれを、きれいな道?と。でも勝利くんは自分たちのことだけじゃなくって、周りに恵まれているとかそういうことまでもきちんと考えた上で、そういう言葉を言っていて。だからやっぱりしっかりしてるし、大人だよね。年下なのにすごいなぁ、なんて(笑)比べるものじゃないけれど。笑 だから、勝利くんらしくて素敵だなぁと思うようになった。まぁ顔面も心もきれいな勝利くんが歩んでいる道なんだからきれいな道で間違いないしな!(笑)

自分から見えているSexy Zoneは、他の4人だという話は、昔あらしのニノもそういう話をしていたのを目にしたことがあるので、なんだか納得できたし。「そうかな?」とか答える感じ、勝利くんらしくてたまらなく好きだな~!インタビュー現場をぜひぜひ見てみたい!!(笑)「俺が今いなかったらあれだけど、いるってことは必要だと思ってもらえてるんだと思う」みたいな言葉もすごく好きだったな……。そんなこと考えたりするんだな~~。勝利くんのこころの奥、あんまり知れないからこそもっと知りたくなる!!え、こんなに書いてるけどわたしは勝利担ではありません、ごめんなさい(笑)でもけんしょりは大好きだから!!←

 

そして、最後に自担であるけんとくん。

 

「踊りがそろってない、と怒られたときに、“はい、すいません。でも僕はこうしたい”って言えるくらいでいいと思うんだ。実際、俺もいっぱい怒られて、“でも、こうしたいんで”って反発してきたからね。だからこそ、今の自分がある」

 

正直、ふうまくんの踊りがそろっていないときに、メンバーは、特に勝利くんやけんとくんは少し言及したりしないのかな、と疑問に思っていた。でも、そういうことだったのかな~?みたいな。まあ今のふうまくんのそれが、けんとくんが言ってることに当てはまるとは思えないんだけど、少しストンと納得できたというか謎が解けたというか(笑)けんとくんってきっと個性を尊重してあげたい人なんだろうな~とも思うし。でも、けんとくん自身がそういう経験をしてきたって初めて知ってすごく意外でびっくりした。けんとくんってきちんと守って生きていくイメージだから、そうやって反発したりしてきたんだな~って。

 

今のSexy Zoneのことを「安心できる、いい環境」と話してくれたのもとてもうれしかった。このブログにも書いたことがあるんだけど、けんとくんはやっぱりどうしてもグループの中だと緊張感をどこか持っているというか、120%安心してのびのびできます!みたいな感じにはなれないみたいで。先輩とかの前だと甘えたりできるんだけど。わたしにとってのグループの存在って、帰るべき場所というかあったかくて安心できるような存在であってほしいなと思う部分が強くて。そうやってどこか緊張感を持って臨めるけんとくんも素敵というかいいところだとは思ってたんだけど、いつかもっと安心できる場所になればいいなって願ってた。けんとくんにとってのグループが。だから今回5人に戻ったり5周年を迎えたことで、グループがいい雰囲気になったり、けんとくん自身のこころの紐?も少しほどけたのかな、って思えてすごくうれしくて。近づいた気がして。まあ120%とは言わない。緊張感を持ってたりすることも大事だから。でも、けんとくんにとっていま以上に少しでもグループがもっと安心できる場所になっていったらいいなとわたしは思うよ。Sexy Zoneでのリラックスした素敵な笑顔もっと見たいもん!

 

「『STAGE』を5人で作る日々は本当に理想の日々だった。自分が5人の輪に溶け込んでいく…そんな安心感を得た制作作業だったね。自分自身の夢を咲かせることに夢中だった俺に、Sexy Zoneとしての夢をあらためて抱かせてくれた」

 

5人にとってもファンにとっても大切な一曲になったこの曲を作る日々が、「理想の日々」だったって素晴らしい。うれしいな~。勝利くんとかが、「けんとくんは5人でいるときにあえて輪の中に入ってこない部分がある」と話していたことがあった気がするけど、それとはまた意味合いは違うとは思うけど、それでも自然と溶け込んでいけたことって素晴らしい。5人が1つになってたってことだよね~~。けんとくんもそんな感覚がとてもうれしかったはずだし。3人体制のときとかは、どうしても自分の夢を咲かせようって感じになってしまっていたかもしれないし、けんとくん個人の夢がたくさん叶うことも、とってもうれしい!でも、やっぱりグループとしての夢を持ってくれることも、ほんとにほんとにうれしいから。

 

「混ざり合うってのとは違って。お互いがやるべきこと、いるべき場所を見つけた、って感じ」

 

ふうまくんとの関係についてそう語ったけんとくん。この言葉を目にしたときにわたしは元担である元にゅーすの錦戸亮くんが書いたNEWSの「Share」という歌詞の一部分と同じようなことを言っているような気がしました。

「無理に一つにならずに 混ざり合えない日はそのままでいい 一人一人が持つ色だから 鮮やかなマーブル描けばいい」

…ふまけんちゃんについては上手く言葉にできないからだめだな…(苦笑)

 

ちびーずの成長については

 

「3人ともポテンシャルが本当にしっかりしてる!!!」と、目を見開いて喜びを隠さない。

 

と記されていました。その姿が本当に目に浮かんでこころからうれしいしほっこりする。雑誌で喜怒哀楽っていうか感情表現をポン!っと表すことができる、と自分のことを話していたけれど。例えば、おいしいものを食べたら、「おいしいこれ!!!」とすぐにまっすぐに表現できる。そこが本当にけんとくんの好きなところ。

 

「ファンのみんなには心配掛けてごめんなさい。一度も自分の考えがブレたことはなかったけど、全てが正しかったとは思ってない。過ちも含めて、5周年、一回ここでゼロにさせてくれないかな?」

 

けんとくんの口からこんな風に謝ることってあったっけ…。あんまりなかったような…まあわたしが覚えてないだけだけど!なんかそこがおぉ…っと思ったのと、「全てが正しかったとは思ってない」という言葉に驚きました。けんとくんは自分の信じてる道が正しいと思って毎日を生きているイメージなので、それでも反省すべき点とかもっと良くできた部分はあったと思う、ってことを正直に話してくれてうれしかったかな。そりゃあここ悪かったな…って思う部分ぐらい、あるよね、人生いくつも。あとは「過ち」という言葉を使ったのも少し意外というか。まあそこに関しては深くわたしには表すことができないけれど、「そういういったことも含めて」ってことだからね、うん。それとけんとくんが雑誌のインタビューとかでファンに対して疑問形で投げかけるときとかすごくキュンとして好き。

それから夜を背景にいるけんとくんがうれしかった!スーツも普通に考えたら青かなって思うけど赤でそれもかっこよくて印象的! 

 

あとそうちゃんがけんとくんは昔、自分にとってママみたいな存在だったって話してくれてたのが本当にうれしかったな~!ママとっとらぶ♡

 

…と、まぁこんな感じでとりあえず書き残しておく。

ちなみに最後のけんとくんのインタビューはジョンの2016年11月30日発売、No.49です(自己記録用)。 

 

11月30日20:32